新卒者の内定取消について

スタッフの中野です。
2008年も残りわずかとなりましたが
みなさんにとって今年はどのような年でしたか?
当事務所は、引越しやスタッフの入れ替わりがあり、
大きく変化のあった一年でした。
毎年恒例の、一年の世相をあらわす一文字も「変」でしたね。
世界的な金融危機の影響で、雇止めを行う企業が急速に増えています。その中でも、深刻な「新卒学生の採用内定取消」についてお話します。

≪内定の取り消しについて≫
企業の業績悪化により、内定を取り消すことはできるのでしょうか?
そもそも「内定」とは、新卒学生に対し、採用する旨の通知を行い、それに対して内定者が誓約書等を提出した時点で労働契約が成立していると考えられています。
なので、内定を取り消すということは解雇に該当します。
客観的に合理的と認められ、社会通念上相当と認められる場合に限り取消すことができます。
具体的には、
“>;”>>①学校を卒業できなかった場合、入社の際に必要と定められた免許・資格が取得できなかった場合
②健康を著しく害した場合、履歴書等に虚偽の記載がありそれが重大なものである場合
③犯罪行為を犯しての逮捕、起訴等

などが、内定を取り消す正当な理由とされています。
これらは、内定者側の事情なので、業績悪化という企業側の事情による内定取り消しは難しいです。
内定取消を回避するために、親会社の倒産や役員報酬のカット等、最大限の努力が必要になります。
また、たとえ内定を取り消さざるを得なくなった場合でも、誠意を持って本人と話をするとともに
あらかじめハローワークまたは学校長に通知するものとされています。
内定取消にはくれぐれもご注意下さい。

詳しくはスガハラ社会保険労務士事務所まで。
電話 06-6627-1117
HP  http://www.slm-if.com

TS350049_20081226151403.jpg
当事務所関与先の皆様、HPご覧の皆様、本年も有難うございました。
来年も、スタッフ一同皆様のご活躍をお支え出来るよう、頑張って参ります。
新年も皆様にとって、良い一年になりますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>