月別アーカイブ: 2009年2月

2009年問題について

スタッフの木虎です。
立春を迎え 暦上では春[emoji:e-235]ですね。
家の庭の花も 少しずつ春めいてきました。
花の写真の中に、ビオラ(パンジーより少し小さな花)があります。
ビオラの花言葉の中に、『信頼』という意味がありますが、
お客様との『信頼』を大切に今後も頑張っていきたいと思っております。
ビオラ
今回は、2009年のトピックスでもある
2009年問題をご紹介させて頂きます。
○2009年問題とは? 
 2009年 製造業への派遣期間満了を迎える場合、派遣契約を継続する事ができなくなる為、
 製造業の現場では様々な混乱が起こると予想される問題です。
【経緯】
・2004年 ;労働者派遣法が改正され、製造業へ派遣する事が可能になりました。
     
・2006年 ;偽装請負の問題等が浮上し、多くの会社が 請 負 から 派 遣へ切り替えました。
     
・2007年 ;製造業への派遣可能期間が1年→3年に変更になりました。 
     
・2009年 ;2006年に派遣へ切替した会社の派遣可能期間が満了する時期に。
【問題】
労働者派遣法により、派遣契約3年を超えて再度派遣契約を行う場合、
一定の期間(3ヶ月間以上)をおかなければいけないと定められています。
その為、その期間派遣契約ができなくなってしまい、多くの失業者がでたり、
製造の操業が止まってしまう等様々な問題がでると予想されています。
【対策】
派遣社員を直接雇用に切り替える。派遣から請負に変更する等対策が挙げられています。
※労働者派遣法を見直す等様々な課題をかかえる2009年問題ですね。
今後も注目していきたいと思っております。
☆スガハラ社会保険労務士事務所
  TEL 06(6627)1117
  ホームページ http://www.slm-if.com