月別アーカイブ: 2010年6月

会社の定年を引上げ、助成金をもらおう!~定年引上げ等奨励金~

6月に入り、雨も多くなってきました。
気温も上がり、空気はジメジメ、汗がベトベト・・・
こんな季節の休日には、家でゆっくり読書や、
映画鑑賞などをすると、良い気分転換になるかもしれませんね。
天気は「雨」でも、気持ちは「晴れ」で毎日過ごしたいですね[emoji:e-44]
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今日は「定年引上げ等奨励金」を御紹介します。
今法律で決まっている定年は60歳です。
でもただの定年60歳ではないのです。具体的には、
「定年は60歳でも良いけど、定年後(現在は64歳まで)も働けるようにしましょう」
となっています。これは、日本の高齢化や厚生年金がもらえる時期が遅くなることに関係しています。
この上記の法律を上回る制度を導入した会社がもらえるのが「定年引上げ等奨励金」です!
例えば、会社の従業員が10人以上100人未満の場合だと・・・
[emoji:e-180]65歳定年にした場合・・・60万円
[emoji:e-181]70歳定年にした場合・・・120万円
[emoji:e-182]60歳定年のまま70歳まで再雇用した場合・・・60万円
[emoji:e-183]65歳定年で70歳まで再雇用にした場合・・・90万円
※従業員が1人でも助成金はもらえます!
※過去に継続雇用定着促進助成金をもらったことのある会社でも、活用する事ができます!
会社の定年は60歳だけど、60歳超えてる従業員をそのまま雇い続けている会社さんは
結構多いのではないでしょうか。一度検討してみてはいかがですか?
菅原知
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
☆スガハラ社会保険労務士事務所
  TEL 06(6627)1117
  ホームページ http://www.slm-if.com

労働者派遣はここに注意!

シニアリーダーの寺田です。
鳩山首相の辞任から政局が混乱し
法案審議への影響が避けられない状況となっています。
中でも、重要な法案のひとつである「労働者派遣法」
この派遣法について、先日厚生労働省より発表がありました
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/dl/haken-shoukai05.pdf
労働者派遣業はもともと、専門的な知識や技術を必要とする業務
に対する人材のマッチングを目的としているところがあるため、
これらの業務(専門26業務)以外の業務(自由化業務)には
派遣期間の制限(原則1年、条件付で3年まで)を設けています。
しかし、実際には専門26業務の定義については
あいまいなところがあるといわれ、また派遣会社の担当者の方も
意外に知らないというケースも見受けられます。
こういう発表があったということは、厚生労働省としても
専門26業務について世間の拡大解釈がかなり進んでいるという
認識を持っているものと思われ、今後重点的に調査を進めていく
のではないかと予想されます

派遣会社さんや、派遣スタッフを受け入れている企業の方は
この機会に一度目を通しておかれることをおすすめします。
読んでみて不安だな、と思われた方は、お気軽にご相談下さい
にほんブログ村 経営ブログへ
☆スガハラ社会保険労務士事務所
  TEL 06(6627)1117
  ホームページ http://www.slm-if.com