月別アーカイブ: 2011年9月

厚生年金保険料率の改定&国民年金保険料未払分の納付期間延長について

こんにちは。スタッフの石橋です。
まだまだ暑い日が続いていますが、虫の声などに秋の気配を感じます
昨日は中秋の名月でした大阪では宵の口は雲が多く月が少し隠れていましたが、
夜半にはすっきりと晴れ、きれいな満月を見ることができました。
私も犬の散歩をしながら少しお月見をしました
中秋の名月
さて、9月は厚生年金保険料の料率の改定の時期です。
平成29年度の18.3%を上限に毎年3.54%ずつ上がっている厚生年金保険料、
今回は 16.058%    16.412%
     (H22.9~H23.8)   (H23.9~H24.8)
になります。(これを会社と本人で折半して納めます)
厚生年金は主に会社勤めのサラリーマンが加入する保険で、常勤として
勤めている限り、70歳までは加入する必要があります。
「加入する必要があると言われても、これまでの国民年金に納め忘れがあるから、
このまま納め続けても年金がもらえない。。
(原則の納付要件である25年を満たさない)
 払った分が無駄じゃないの?」
という方に、朗報です!
これまでは国民年金保険料の未払分をさかのぼって納められるのは
過去2年分まででしたが、今回年金制度が改正され、
過去10年分までさかのぼって納めることが
できるようになります!  詳しくはこちらをご覧下さい
(ただし、3年度以上さかのぼって納付する際は加算金がかかります
この制度は平成24年秋に施行される予定ですが、
施行日から3年間に限っての適用になります。
納付期間が足りないので老齢年金の受給をあきらめていた方も、
今一度年金記録を見直して、検討されてみてはいかがでしょうか。