月別アーカイブ: 2013年7月

育児休業給付金の増額?!

はじめまして

新人スタッフの濱と申します。6月に入社しました☆

日々の業務と勉強を欠かさず、皆様から信頼していただける様頑張ります

趣味は旅行とサッカーです。

先日オープンした、あべのハルカス近鉄本店にて買った抹茶パフェです。

スイーツ男子なんです甘いものを食べると、心も体も癒されますよね

さて、今回のテーマは『育児休業給付』についてです。

育児休業給付とは、1歳未満のお子さんがいらっしゃる雇用保険の加入者が、育児休業を取得した場合に、休業前の賃金の5割を給付する制度です。

厚労省が発表した昨年の育児休業取得率は、男女ともに減少という結果となっています。主な原因としては、経済的な問題があるとされています。特に男性の育休取得率は伸び悩んでおり、厚生労働大臣が「男性の育休取得率が低いのは、育児休業給付の給付金額が少ないことも一つの要因」と発言したことから、育児休業給付の支給額の割合を引き上げる検討に入ったということです。具体的には、

給付金の支給割合:現行 5割 ⇒ 6割に引き上げ

給付金の支給上限:現行 月21万4,650円 ⇒ 上限月額の引き上げ

を検討するとのことです。

財源などの問題もあり、実現されるかはわかりませんが、スイーツ男子でもあり、イクメンパパ(笑)でもある私にとっては、是非実現してほしい改正案だと思っています

引き上げが実現されることで、男性の育休取得率増加育休取得期間が伸びることが期待されます。奥さんに任せっきりにしたり諦めていた子育てに参加することができれば、大変な乳幼児期の子育てを夫婦で助け合うことができます。子育てに対する不安や経済的な不安は解消され、少子化対策にも良い影響を与えるのではないでしょうか

また、仕事と家庭の両立で頑張っておられる従業員の方の支援に取り組まれている中小企業事業主様にも、『両立支援助成金』という助成金制度があります。(例えば、休業取得者の代替要員を確保した場合には支給対象労働者1人当たり 15万円 が支給される等)詳しくは当事務所までお問合せ・ご相談下さい。

従業員の方の育休取得促進と両立支援助成金とで、未来が明るい社会作りができるのではないかと思う今日この頃です最後まで読んでいただきありがとうございました

次回のブログ担当スタッフは、木虎です乞う、ご期待

スガハラ社会保険労務士事務所
TEL 06(6627)1117
ホームページ http://www.slm-if.com