月別アーカイブ: 2014年12月

平成27年1月から「高額療養費」制度が変わります。

こんばんは。スタッフの河相です。早いもので今年も残すところ、あと1日ちょっと。
大掃除や買い出しなど、新年を迎える準備で今頃バタバタの方も多いのではないでしょうか。
年末年始は何かと気ぜわしく、慌てて事故や病気が起こりやすいとよく耳にします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな予期せぬ事故で“医療費が高額になってしまった!”というときに私たちがお世話になるのが、健康保険の「高額療養費」制度ですが、この制度が平成27年1月から変わりますので、ご紹介させていただきます。

 *そもそも「高額療養費」とは・・・
   1ヶ月間(1日~末日)に病院等で支払った“医療費の自己負担額”が一定額を超えた場合に、
   その超えた金額がけんぽ協会等から払い戻される制度です。

ここでいう“医療費の自己負担額”が来月から改正になります。

H27.1高額療養費改正2

上記のように、現在の3区分から5区分へ細分化されます。

標準報酬(社会保険の等級)が26万円以下の方は、12月までは(B)80,100円+α を超える部分のみが高額療養費として戻ってきたのが、1月以降は(エ)57,600円 を超える部分が戻ってきます。つまり、自分で負担する額が少なくて済むようになります。

今回の改正は、負担能力に応じた自己負担にすることを目的として行われるため、高額所得者の方など負担が増える方もいらっしゃると思いますが、救済される方も多いのではないでしょうか。

“転ばぬ先の杖”ということで、皆様しっかり確認しておきましょう。

なお、「高額療養費」制度には、入院・通院に関わらず、医療費が高額になりそうな場合に、あらかじめ申請しておくことで、病院での多額の支払い・立替を抑えられる「限度額適用認定証」や、その他「世帯合算」「多数該当」など医療費がさらに安くなる仕組みもあります。

こちらも忘れずにチェックしておきたいものです。

さて、高額療養費についていろいろ書いた今回ですが、できれば、年末年始、事故なく健康にお過ごしいただきたいものです。

また来年、笑顔で皆様にお会いしたいですね。

今年も1年間、SLMブログをご愛読いただき、ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

年明け1番の更新担当者は濱です。乞うご期待ください。

それでは、皆様よいお年を!!

社内制度の整備には助成金を活用しましょう

シニアリーダーの寺田です。

先月、社労士会のイベントで高野山に行ってきました。
高野山は世界遺産にも登録されているとおりまさに「聖地」で
大阪とはやはり空気が違います。
心が清められた(ような)気がします。
DSC_0338

DSC_0334
≪精進料理もおいしくいただきました≫

今回は、「中小企業労働環境向上助成金」をご紹介します。

成長分野(医療・介護、健康・環境分野に関連する製造業・建設業、運送業等)の会社で、
社内制度の充実をお考えであれば、助成金が活用できます。

社内制度の充実とは・・・

1.評価・処遇制度
人事制度、評価制度の構築や、今まで支給していなかった手当の創設(資格手当、家族手当など)
により、従業員さんのやる気アップを図る
⇒⇒40万円

2.研修体系制度
新入社員研修や、管理職研修などを計画的に実施する体制を作る
⇒⇒30万円

3.健康づくり制度
人間ドック、生活習慣病予防検診、腰痛健康診断など、法定以上の健康診断を実施
⇒⇒30万円

助成金の活用には、事前の計画認定が必要です。
とくに「中小企業労働環境向上助成金」については、1ヶ月以上前には認定申請が必要で、
その後も就業規則の整備などやることが盛りだくさんです。

会社さんですべてやろうとすると結構大変ですので
ご利用をお考えであれば、いつでもスガハラ社会保険労務士事務所までご相談ください。

次回のブログ担当は、河相です。お楽しみに~!