月別アーカイブ: 2015年4月

マイナンバー制度がはじまります!

こんにちは。スタッフの濱です。
桜の見ごろの時期には雨が多く、花見らしい花見はできませんでした
ここ最近は、初夏のような日差しで暑くなってきましたね
仕事と暑さで疲れた体にはやっぱり甘いものです
20150425_ブログ用写真

今回は、『マイナンバー制度』について紹介します。
最近、新聞などでも頻繁に取り上げられるようになっており、
ご存知の方も多いと思います。平成27年10月から、住民票を有する
全ての人に1人1つのマイナンバー(個人番号 12桁)が通知されます。
(法人には13桁の法人番号が通知されます)
『マイナンバー制度』には大きく3つのメリットがあります。

1 行政の効率化
市役所や年金事務所などが行っている情報照会や転記、入力等の業務量が大幅に削減され、
作業重複などの無駄が削減されます。

2 国民の利便性の向上
市役所や年金事務所などでの手続き時に必要な添付書類が不要になったり、自分の年金や税金の
情報を確認することができます。

3 公平・公正な社会の実現
税金や年金などの情報が一元管理されるため、負担を不当に免れたり不正に受給することなどを
防止したり、本当に支援が必要な方に対して適切な支援を行うことができます。

例えば、児童手当の現況届の際に市町村にマイナンバーを提示したり、厚生年金の請求の際に
年金事務所にマイナンバーを提示したりすることが考えられます。
また、雇用保険や健康保険・厚生年金の資格取得手続きなどにもマイナンバーが必要となります。
つまり、会社は従業員のマイナンバーを把握しておく必要があります。今のところ、不当に提供する
ような場合でなければ処罰の対象とはならないようですが、いずれにしてもマイナンバー1つで重要な
個人情報がわかってしまうため、取扱いには十分気をつけなければいけません。

なお、行政手続でマイナンバーを活用するのは来年1月からの予定となっています。
また、マイナンバー通知後に市町村に申請すると、『個人番号カード』が交付されるようです。行政手続
で使えるほか、身分証明書としても活用することができるそうです

手続きの他、図書館利用や印鑑登録証としても活用できるとのことですので、
取扱いには十分注意して、有効活用したいですね