お気軽にご相談下さい。TEL06(6627)1117お問合せフォーム


社労夢ハウス

特定社会保険労務士

SLM大阪異業種交流会

SLMブログ

SLM就業規則作成.com

SLM給与計算.com

SLM特別加入.com

SLM助成金.com

SLM人事労務コンサルティング

facebook

SRP

HOME  > TOPICS

ご存知ですか?〜就業規則の意味〜



就業規則とは、会社と従業員の双方が守るべきルールを定めたもので、
いわば“会社の憲法”とも言えるでしょう。
会社が気まぐれに従業員を処遇したり、従業員がそれぞれ自分勝手な行動を
とったりすれば、職場の秩序は乱れ、事業を円滑に運営していくことが
困難になるでしょう。
そして、労働条件が不明確なままでは、従業員は安心して働くことができません。
このため、遵守すべき労働条件や服務規律を具体的に明文化した就業規則が
必要となってきます。

労働基準法では、常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成し、
労働基準監督署に届け出なければならないとされています。
就業規則があることで、会社の労務管理が円滑に行われ、業務の効率化や従業員の
モラルの向上が実現され、結果的に会社の収益アップにもつながっていくことになるのです。
また、就業規則に不備があると、従業員との間で思わぬトラブルに発展した結果、
労働基準監督署から是正勧告を受けるなど、会社にとってのリスクが高まります。
他社の就業規則や市販されているマニュアル本または雛形本をそのまま使用して、
就業規則を作成することも可能ではありますが、結局のところ自社の実態に合っていなければ、
誤った労働条件を設定してしまうことになります。それによって訴訟問題に発展してしまえば、
会社は大きな損害を被ることにもなりかねません。
なお、就業規則には絶対に記載しなければならない「絶対的必要記載事項」と定めをする場合には、
必ず記載しなければならない事項
「相対的必要記載事項」があります。
絶対的必要記載事項の内容には労働時間や休憩、休日、賃金の決定方法などがあり、
相対的必要記載事項の内容には退職金や賞与などがあります。

就業規則の作成・変更等のご相談やご質問がございましたら、
当事務所までお気軽にお問い合わせください。



HOME | スガハラ行政書士事務所 | SLM大阪 | 給与制度・評価制度
事務所紹介 | 情報取扱い方針 | SLMブログ | 地図 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 1995-2008 Sugahara Labor Management Office All rights reserved.
管理用