お気軽にご相談下さい。TEL06(6627)1117お問合せフォーム


社労夢ハウス

特定社会保険労務士

SLM大阪異業種交流会

SLMブログ

SLM就業規則作成.com

SLM給与計算.com

SLM特別加入.com

SLM助成金.com

SLM人事労務コンサルティング

facebook

SRP

HOME  > TOPICS

ストレスチェックはおこなっていますか



平成27年12月1日から、ストレスチェックと面接指導の実施が事業者に義務づけられました。

近年「仕事のストレス」による「精神障害の労災認定者」が増加傾向にあります。

ストレスチェックの目的は、労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスをためすぎないように対処したり、ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらったり、職場の改善につなげたりすることで、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するとともに、安心して働き続ける職場環境を実現し、企業発展を支える仕組み作りにあります。

このたびの改正により、労働者50人以上の事業場の事業者には、年1回、医師・保健師等による検査(ストレスチェック)の実施が義務づけられます。実施後には労働基準監督署に報告する義務があります。

ストレスチェックの調査票には、「仕事のストレス要因」・「心身のストレス反応」及び「周囲のサポート」の3領域を全て含めています。

結果は、検査した医師・保健師等から直接本人に通知され、本人の同意がない限り事業者に提供してはいけないことになっています。

高ストレスと判断され、本人から申出があった場合は、事業者は医師による面接指導を受けさせなければいけません。面談の結果、医師の意見を聴いたうえで、必要な場合には、適切な就業上の措置をしなければなりません。



HOME | スガハラ行政書士事務所 | SLM大阪 | 給与制度・評価制度
事務所紹介 | 情報取扱い方針 | SLMブログ | 地図 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 1995-2008 Sugahara Labor Management Office All rights reserved.
管理用