お気軽にご相談下さい。TEL06(6627)1117お問合せフォーム


社労夢ハウス

特定社会保険労務士

SLM大阪異業種交流会

SLMブログ

SLM就業規則作成.com

SLM給与計算.com

SLM特別加入.com

SLM助成金.com

SLM人事労務コンサルティング

facebook

SRP

HOME  > TOPICS

「持ち帰り」は残業?



ここ数年、政府の働き改革に伴って長時間労働による過労死など、世間は企業の労務管理面に対しとても敏感になっており、企業側は様々な方法で長時間労働抑制に取り組んでいると思います。今回はその取組の中の一つ「定時退社」を実施した場合の質問を紹介します。

「持ち帰り」は残業になるのでしょうか?

会社側が、ある一定時刻に強制退社させるとなると、労働者はその日に処理すべき仕事ができなくなった場合、やむを得ず帰宅後の労働、いわゆる「持ち帰り残業」をすることがあるかもしれません。
これについても労働時間にあたる使用者の指揮命令下にあるといえるのかどうか、判断が分かれるところであります。上司から自宅に持ち帰ってでも仕事を終わらせるような指示、または直接でなくとも、ノルマを課すような暗黙の指示がある状況であれば、自宅でも指揮命令下にある労働時間とみなされる可能性は高くなります。

さらに仕事を自宅に持ち帰ることは、重要な書類や秘密にしておくべきデータを社外に持ち出すことにもなります。それを上司が容認または黙認することは情報の漏洩といったリスクも伴います。
長時間労働抑制のため強制的に退社させる措置を実施するには、こうした仕事の持ち帰りを厳格に禁止し、労働時間内の効率化、生産性のアップをすることも重要だといえます。

労務管理面についてのご質問やご相談のある方は、お気軽に当事務所までお問合せください。



HOME | スガハラ行政書士事務所 | SLM大阪 | 給与制度・評価制度
事務所紹介 | 情報取扱い方針 | SLMブログ | 地図 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 1995-2008 Sugahara Labor Management Office All rights reserved.
管理用