お気軽にご相談下さい。TEL06(6627)1117お問合せフォーム


社労夢ハウス

特定社会保険労務士

SLM大阪異業種交流会

SLMブログ

SLM就業規則作成.com

SLM給与計算.com

SLM特別加入.com

SLM助成金.com

SLM人事労務コンサルティング

facebook

SRP

HOME  > TOPICS

雇用保険 マイナンバーの提供を拒否された場合の届出方法



今月(平成30年5月)より、雇用保険のマイナンバーを記載すべき届出等において記載がないときには、ハローワークでは処理を進めずに届出等が返戻されることになります。

これまでマイナンバーの届出を行ってこなかった企業では、届出等の進め方について検討されているかと思いますが、これに関連して厚生労働省から「雇用保険業務等における社会保障・税番号制度の対応に係るQ&A」が公開されています。今回は、その中の一部を抜粋して紹介いたします。

Q:従業員から個人番号の提供を拒否された場合、雇用保険手続についてどのような取扱いとなるのか?
A:雇用保険手続の届出に当たって個人番号を記載することは、事業主においては法令で定められた義務であることをご理解いただいた上で、従業員に個人番号の提供を求めることとなります。
仮に提供を拒否された場合には、ハローワークが一定の確認等をした上で受理することとしています。
※個人番号の記載がないことのみをもって、ハローワークが雇用保険手続の届出を受理しないということはありません。その場合であっても、法令上定められた届出期限内での届出をお願いしています。

また、従業員から個人番号の提供が受けられなかった場合の対応については、
提供を求めた記録等を保存するなどし、単なる義務違反でないことを明確にしておくことも明記されています。

上記の「A」であっても「一定の確認等」がどの程度のものになるか具体的な内容が分かりませんので、今後、更に詳細な内容が出てくると思われます。
マイナンバーの取扱についてお知りになりたい方は、当事務所までお気軽にお問合せください。



HOME | スガハラ行政書士事務所 | SLM大阪 | 給与制度・評価制度
事務所紹介 | 情報取扱い方針 | SLMブログ | 地図 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 1995-2008 Sugahara Labor Management Office All rights reserved.
管理用